お酒と建物、ときどきホットケーキ

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/22

八ッ場ダム建設工事の現場を見る

100814_130659

8月某日、清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入した青春18きっぷ(使いきれる自信が無い)を手に、
政権交代後、とくに揺れる群馬県の八ッ場ダム建設工事の現場・川原湯温泉に行ってきました。

 

100814_131017

実は私、川原湯に来るのは既に5回目。
写真すら撮らず、温泉だけ嗜んで帰ることもあったので、資料に乏しいのですが、今回は
過去の写真も含めてお送りしたいと思います。

 

11110007

これは2000年11月11日の初来訪時の川原湯温泉駅前。
既にこの看板はありませんが、当時から「ダムに沈む」ということを売りにしていた様子が見えます。
もちろん、反対派の集会場と思しき建物もあったんですが、当時からほぼ廃墟状態といったところで、
温泉街としては「古い温泉街を今のうちに楽しんでいってね!!」という感じにも受け取れました。

 

100814_131200

以前は道の両側にあった家々も、今となっては繁茂した木々の中に基礎があるのみ。
でも、ここはダム湖に沈む場所なのに、何故にここまで綺麗に整備してるんだろう?
ガードレールとかの道路設備も、非常に綺麗にものになってました。

 

100814_131443

この上が造成地になります。
話によれば、既に住んでいる人もいるということですが、これでダム建設が中止になっちゃったら、
どうなっちゃうんでしょうか。
まぁ、この件は昨年テレビで頻繁に報道されてましたから、今更言うことでもないんですが…。

 

100814_132536

これから沈む場所と、これから作る場所。
そんなに高低差も無いように見えるので、ダム湖の水位が低い時には、意外と
露呈しちゃう場所のようにも思えます。

 

P8271800

これは2006年8月の夏祭り会場。

 

100814_131549

こちらが現在の同地点。
後ろの山肌が、大きく削られたのが分かります。
でも、家はそんなに変わっていない…?

 

100814_132904

ここが温泉街の中心部。
一番大きな柏屋旅館さんが休業してしまったので、大変な状況になっていると思われがちですが、
意外と観光客が多くて、残っている旅館には何組も団体が宿泊していました。
そして、人よりも自動車の通行量の方が遥かに多い。
どうしてこんな狭い道に… 明らかに温泉利用者じゃない車が結構なスピード出して走ってます。
散策の際には気をつけましょう。

 

100814_133029

現在の道路整備状況を示す案内地図。
「川原湯温泉トンネル」なんて、以前は無かったなぁ。
位置的には、ダム完成後のメインストリートたる道路になるようです。

 

100814_133530

ちなみに、これがトンネル。
歩道が広く取ってあるのが嬉しいですね。

 

100814_133558

温泉街と比べて、トンネルの位置はこんな感じ。
右奥に見えるのが温泉神社なのですが、確かここは沈まないはずなので、この辺がダム湖の
ビュースポットになるかも知れません。

 

100814_134031

この先は、僅かな民家を除き、土木技術天国となります。

これは形から見て、ダムを横断する橋の橋台部分になるんでしょうか。
遠くに見える茶色い巨大なアンダートラス橋も、ダム湖を渡ることになるようです。

 

100814_134235

砂防だっ!!

 

100814_134147

ユンボだっ!!

 

100814_134529

ブルドーザーだっ!!

 

100814_134319

なぜか蕎麦屋だっ!!(建設関係者用?)

 

100814_134756 

崖っぷちの重機。
これ、アームだけで支えてるのでしょうか?
300mm望遠で撮っているので、本当に遠い場所なんですが、見てるだけでドキドキします。
高所恐怖症は克服したものの、ここでは仕事したくない、絶対に…。

 

100814_135024

そして、ついに見えてきた湖面2号橋。
テレビでご覧になった方も多いでしょう、あの「繋がりかけの巨大橋」です。

 

100814_135608

あまり報道されていませんでしたが、実はもう繋がってます。
いやぁ、もう高いなぁ、高くていいなぁ…。
この2/3くらいの高さまで湖面が来る予定ではありますが、この橋脚を堪能する時だけ
水位を下げてほしいくらい、本当にスマートでイイ!!

 

100814_140647

高速道路などと比べて、道幅が狭く、そしてここまで高い場所を走る道は、他になかなか
無いでしょうから、この縦横比率は貴重!!
威圧感というより、威厳を感じますね、このスタイルは。
ちなみに、橋脚に小さく見える水色の貼り紙が、最高水位583m(標高)の位置です。

 

100814_140812

この日はお盆真っ只中で、造成用の重機はほとんど動いていなかったのですが、橋の工事は
やっているようで、上で働いている作業員の方の笑い声が、山に響いてました。
見学させてくれないかなぁ、今のうちに…。

 

100814_142039

だから、落ちそうだってっ!!

 

100814_141749

吾妻川を渡ると、そこは吾妻線。
下のプレートガーター橋が沈んで、上のアンダートラス橋が残ります。

 

100814_145003

再び吾妻川を渡って、温泉街方面に戻る。
後ろを振り返ると、こんな光景。
いいなぁいいなぁ、このまま保存してほしいって思いが湧き上がってしまう。

 

100814_132940

共同浴場の「王湯」で、一風呂あびる。
戦前からある古い浴場ですが、当然のようにここは沈んでしまいます。
新温泉街にも共同浴場ができるでしょうから、それも楽しみであったりします。

 

100814_152401

こちらは営業中の某旅館の飼い犬。
非常におとなしいので、気軽に触れられます。
温泉を訪れた時は、いつも撫で回しているんですが、無反応すぎて怖いところもアリ。

 

P8271791 

こいつは2006年訪問時にいた野良猫。
触り放題ですが、こちらも無反応、かつ鼻水を垂らし放題でした。

 

そんなわけで、5回目の川原湯温泉探訪は、これにて終了。
訪れる度に変わっていく土地ですが、一刻も早く地元の方が安心して暮らせるように
なることを願うばかりです。

 

【おまけ】

100814_155132

これは小学生が描いたそうなのですが…
今の小学生に、わざわざ初代・キン肉マンをポスターの題材にしようとする子がいることに
ほのかな嬉しさを感じる夏の午後。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://miyaho.blog27.fc2.com/tb.php/23-bdf5abef

■  about

miyaho

Author:miyaho
戦前の建物 かっこいい建物
そしてビール 特に地ビール
たまにホットケーキ
歳のわりに なんか古い

Twitter @miyaho

■  new

■  archives

■  category

建物 (7)
ビール (2)
ホットケーキ (8)
その他 (1)
ダム (4)
乗り物 (2)

■  new comments

■  twitter

■  search

■  RSS

■  Links

このブログをリンクに追加する

■  QR Code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。