お酒と建物、ときどきホットケーキ

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/10

東京の誰もいない場所を探して

なんてタイトルつけると、ちょっとアンニュイな気分になった厨二っぽくもありますが、
ただ単に「せっかく作ったのに人気が無い公共空間」が好きなだけです。

もちろん、閑古鳥が鳴いている公共施設(世間的には無駄の一言で済まされてる場所)は
世の中にたくさんありますが、やっぱり無人の価値は、人で溢れる都心にあるだろうと、
昔の記憶を頼りに、ちょっと撮影してきました。

 

100801_111046

開通して、それほど経っていない上野~御徒町の中央通りの真下の地下人道。
JR上野、 御徒町、東京メトロ上野、上野広小路、仲御徒町、京成上野、都営地下鉄上野御徒町の
7駅を結ぶ巨大な地下通路です。
正直、工事が長すぎて、終わるものとは思ってませんでした(工期は8年くらい)。
いわゆる「日本のサグラダ・ファミリア」のひとつ(他は横浜駅と新宿駅)。

あれ? 意外と人がいるんではないか?
供用開始直後に行った時は、JR上野から上野広小路まで、誰にも会わずに踏破できたのに!!

 

100801_111134

んー?
どこ見ても、ちゃんと人がいるなぁ…。
この地下道は、既設の銀座線と上下に並行していることから、結構深いところにあるんですよね。
なので、階段をわざわざ降りるのも面倒って人は、普段ここを使うのは稀なんですが、
この撮影日、お外は気温が37度を超えていたので、熱中症を心配して、潜ってきた人が
いたのかも知れません。

 

100801_121424

所変わって、こちらは東京駅の京葉線地下ホームの上。
丸の内自由通路へ抜ける際に通る角地と、オマケ程度の6番出口があるスペースです。
角地って割には、異様なほどの広さですが、たぶん、上下に何か隠されたものが
あるんじゃないかと思います(変電所とか車掌区とか)。

前方に人影が見えますが、あのあたりは夢と魔法の国に毒された人たちの狂気が渦巻いてます。
しかし、ちょっと離れるだけでこの虚無感!!
以前だったら、人影も見えないほどの閑古鳥で、奥を流れる地下用水(もちろん飾り)の水音だけが
響いている不気味な空間でした。
しかし、今では丸の内側と行き来する需要も増え、京葉線沿線の人口も当時から格段に伸びて
いますので、ほとんど不気味さはありません。
流れる水もストップして久しく、今はホームレスの方々の居場所になってたりします。

 

100801_121505

それにしたって、この天井はバブリーだ。
京葉線の東京駅開業は1990年の3月。びっくりするほどバブルの真っ只中です。
JRは民営化直後で、そんなに余裕は無いはずなんですが、まぁ世間の流れとして、
こういう装飾、よく見かけましたよねw

 

100801_121821

ひとつ前の写真にも見える丸の内自由通路。
ここから横須賀線地下ホーム方面へダイレクトにアクセスできます。
以前は、ここも悲しくなるほど誰もいない場所だったのですが、丸の内オフィス街の商業化が
進んだことも影響してか、結構賑やかになりました。

 

100801_121725

とはいえ、こんな不思議な空間が脇にあったり。
出口に繋がる場所でもなく、イベントスペースでもなく。
奥にある扉を作るだけのための空間であれば、わざわざ作る必要も無いのでは…

不思議だわねぇ。

 

100801_122123

丸の内へ移動して、最後の締め。
丸ビルと新丸ビルの間から皇居へ続く行幸通りの地下に開設された新しい地下道です。
ここは本当に人がいません。
丸の内の商業の中心施設を2つも要しているというのに、買い物客を見ることはありません。
千代田線の二重橋前、三田線の大手町から丸ビルとかを利用したい時には、実に便利な
地下道なんですけど、駅構内での案内が不十分なためか(地下道入口がわかりづらすぎる)、
知ってる人だけ使ってる感じがします。

 

100801_122140

三菱地所の丸の内開発の歴史も学べたりして、本当に楽しい場所なのに!!
衆知が行き届いていないのは、本当に残念な場所。
それで混雑したら、それはそれで残念だったりするわけですが…。

 

100801_122245

ちなみに、真ん中ではカラーの電光ニュースがグルグルと流れてます。
一日に何件ものニュースが報じられているんでしょうけど、さて、読んでいる人はどれだけいるのやら…。
いろんなことに使えそうなんだけどなぁ~ もったいねぇもったいねぇ。

 

【まとめ】
地下道が知名度を得て、しっかりと利用されるまでには、かなりの時間を要する。
無人空間が好きな人は、対象が知名度を得る前に、さっさと堪能すべし。

2010/08/01

浦山ダムに行ってきた

昨年。

またもや旬を過ぎた話です。
しかし、丸一年ほど経って、その時の同じような陽気になっているので、思い出しx2 書いてみようかなと。

 

090820_101352

2009年8月20日の昼。
確か代休をもらっていて、その日は非常に暇だったのです。
朝のワイドショーも終わって、あまりにもやることが無かったので、「そうだ、ダム行こう」と急に思いつき、
とりあえず、池袋に向かいました。
正直、普通列車でのんびりと山へ向かうほどの体力はありませんでした。
ひどい夏バテだったもんでして。
ダムに行けば、多少は元気になると思ったんですよ、えぇ。

 

090820_102134

お盆休みも終わったばかりのド平日。
さすがに誰も乗ってません。
脱水が怖いので、ビールは控えて、ずーっとポカリスエット飲んでました。
なんか虚しい。

 

090820_115028

西武秩父駅に着いたら着いたで、それなりに賑やか。
秩父って何度か来たことあるんですが、まともに観光したことが無いんですよね。
こういう雰囲気なのかぁ…。
笑点で林家たい平師匠が言ってることだけじゃ、何も伝わらんね。

 

090820_115333

秩父鉄道の御花畑駅までは、ちょっと歩く。
電車で秩父観光をする人は、多くの人がここで乗り換えるはずなんですが、どうにも
乗換ルートが貧弱すぎて、よろしくない。
JR新宿と西武新宿みたいな関係なのに、民家の路地を縫うように行くのは、如何なものかと。

 

ホームで普通列車を待っていたら、どうも騒がしい。
時刻表を見たら、どうもSLパレオエクスプレスが到着するとのこと。
私は鉄道ファンであるものの、あんまりSLには興味無いんですよね。
どちらかと言えば、SLに牽かれてる客車が好き。
そんなわけで、客車を撮ろうとカメラを向けたのですが、なんだかんだで機関車を狙ってしまう。
やっぱり、迫力あるわぁ…

 

090820_123216

SLが行った後は東急。
妙な感じがしますけども、これでお隣りの浦山口駅を目指します。

 

090820_124119

1駅乗っただけで、ずいぶんと鄙びた。

 

090820_124449

高台にある駅を下り、川沿いにダムを目指します。
浦山ダムは駅から徒歩圏内にあるっていうのが嬉しいですね。
なんてったって、ペーパードライバーは山道が怖い。

 

090820_125236

すぐ見えてきました。
でけぇ… なんとも、絵に描いたような巨大ダムです。
まだまだ先にあるっていうのに、迫力がものすごい。
SLなんて比較の対象にもなりません。

 

090820_132257

おぉぉぉぉ。
放水の際の流路の跡が、くっきりと見て取れますが、これは豪快な放水が見れそうですねぇ。
もちろん、急な思いつきで訪れたので、放水の予告なんて調べてません。
観光客の少なさから見て… 多分、今日は無い。

 

090820_125839

仕方がないので、穏やかな放水で我慢。
これはこれで好きだったりするんですよね。
もうちょっと近寄れれば嬉しいんですが。

 

090820_130002

さて、上に登ろうかと思うんですが、とんでもなく暑いんです。
この階段を登り切るには、ポカリスエット1.5リットルと、ユンケル2本くらいのエネルギーが
必要と判断しましたので…

 

090820_130639

とてつもなくヒンヤリとした快適エレベーターにて、一気に上がらせていただきます。
周りにはダム以外、なんにも無い場所なので、こうガンガンに冷房の効いた空間がふいに現われると、
ちょっと戸惑います。
砂漠のオアシスというか、ゴーストタウンのド真ん中で営業中の伊勢丹って感じ(冷房の強さが)。

 

090820_130804

これはっっ 意外と普通っっ
でも、こんな近くに集落がたくさん見えるダムってのは珍しいかも知れませんね。

 

090820_130840

私はダムに詳しくないので、これは貯水率どのくらいなんでしょうか?
そもそも、どういった状況になると、ダムってのは放水してくれるんでしょうか?
この時はサッパリわかってなかったんですが、1年近く経っても、まだわかってません。
多分、台風の後とかは放水してるんだろうな… って程度です。

 

090820_134244

さて、暑くてしょうがなかったので、ダム堪能はアッサリと終えて、駅に戻りました。
いいですね、このアングル。
そういえば、山の斜面にある伊東線の伊豆多賀駅とか、似た雰囲気だったなぁ。
坂の上の雲ならぬ、坂の上の駅は、だいたい魅力的なムードあるんですよね。

 

090820_135349

秩父へ戻る列車は、なんと旧国鉄の101系電車。
しかも、復刻塗装になってるし!!(∩´∀`)∩

ヤバい。ダムと同じくらい興奮した。

荒川ダム総合管理所

2010/07/19

バッグ屋じゃないんだよ (DEAN & DELUCA@丸の内)

090701_074914

最近、街中を歩いていると、ここの手提げバッグを持っている女性を、本当によく見かけます。
日本国内には、都内と名古屋にしか店を出していないはずなのに、まぁ北海道だろうが、関西、九州だろうが、
どこでも存在を主張しています。
食料品店だと知らない人からしたら、バッグブランドだと思われていても致し方ない店「DEAN & DELUCA」ですが、
一部ではカフェも営業してたりするんですね。

まぁ、これが大変オシャレオーラを醸しだしておりまして、休日ともなると、男ひとりで入るのは憚られる状態です。
しかし、朝なら丸の内という土地柄、サラリーマンだらけです。
私の家は荒川区。職場は文京区。
全くもって丸の内は通らないんですけど、行ってきました朝8時前。

 

090701_072902

さぁ、出てきた、目覚めのパンケーキ。
なんか… 手作りっていうのはよくわかるんですけど、これがDEAN & DELUCAじゃなかったら、
「おいおい、ずいぶんと雑な作りだな」って思う見た目です。
DEAN & DELUCAだからこそ「おー 本場(?)を思わせるね」って知ったかぶりをしたくなる不思議。

最初からシロップが豪快にかけられているので、バターだけで食べたいって人は、事前に言っておいた方が
いいでしょう。
もう、十分に染みこんで、ふにゃふにゃです。

 

090701_072910

薄いね、こりゃ薄い。
なんとなく、冷凍なんじゃないかという不安もよぎる。

 

090701_073211

厚みがあって、ふわふわで・・・・・・ といったホットケーキの概念からは大きく外れた食感でしたが、
これはこれで、かなり好きなタイプのパンケーキ.

想像しやすいのは,マクドナルドの朝メニューのホットケーキでしょうか。
アレを物凄く高級にした感じの味・風味でしたね(・∀・)
特にバターの香りは際立ってます。

「ふわふわホットケーキとマクドナルドのホットケーキは別物!!」と主張できる人には、
ぜひお薦めしたいお店でしょうか。
好き嫌い、別れてしまうかも…。

今回はプレーンを注文しましたが,他にもブルーベリーがあるようです.
アイスコーヒーと一緒に注文して,1,010円也.
朝食としては高いけど,味には大満足です。
コーヒーも中々でしたよ.

ちなみに、後日集団で行った際にわかったことですが、丸の内店は同時に焼けるのが2人前までのようです。
あと、今もそうなのかはわかりませんが、こちらは17:00までの限定メニューです。
ご注意をば。

DEAN & DELUCA

 


大きな地図で見る
2010/07/15

かつての高CPホットケーキ(国立国際子ども図書館)

上野公園の北の外れ、京成電鉄の博物館動物園駅の跡地あたりに、安藤忠雄がリニューアルを施したことで
有名な「国立国際子ども図書館(旧 帝国図書館)」という施設があるんですが、ここのカフェテラスのホットケーキが、
激安なのに美味しいとの情報を得て行ってみたのは2008年の1月下旬。

 

689000750_139

本当に安すぎて美味しかったです(;´Д`)
写真のホットケーキにドリンクが付いて500円ですよっ!
採算取れてないんじゃないかって言いたいですw

もちろん、こんな値段ですし、図書館内の施設ってことで、厨房の設備も限られている環境ですから、
ホットケーキ自体は冷凍モノなんですが、こんなに豪勢なトッピングをされてしまったら、もう生地の
食感とか、気にしてる場合じゃないw

なんだか、昭和40年代の手軽な夢を、一極集中させたような見た目ではないでしょうか。
私はホットコーヒーを頼みましたが、これには「ソーダ水」と書かれたメロンソーダがよく似合うような
気がしないでもないです。
そんな甘ったるい飲み物で、ホットケーキを食べる勇気が私にはないですが、絵的にはイイ。

ちなみに、国立国際子ども図書館は、1908年建築の建物なので、もう「懐かしさ」とかよりも、
文化財的な雰囲気に溢れているんですが、このカフェテラスは気軽に入れるのでオススメですよ。

しかし・・・

どうやら入札で違う会社が営業を引き継いだらしく、2010年7月現在、ホットケーキはメニューから
消えてます。
というか、これ食べて半年後くらいには、既に消えてました。残念…。

上野には、同じく格安ホットケーキ(200円)の「王城」もあったりしますが、ここまでのおトク感を
得られるほどではないので、ぜひ、次の入札時には、この素晴らしいホットケーキを出していた
業者さんに返り咲いていただきたいところです。


大きな地図で見る
2010/07/13

船場ビルディング

100703_072750

大阪ではかなりの知名度を持つ近代建築「船場ビルディング」。
公式ホームページも存在し、公開時間も定められているなど、建築好きにやさしい存在です。

今年の5月に訪れた際は日曜日だったので、残念ながら閉鎖されていたんですが、2ヶ月の
スパンを置いて、またも来阪する機会を得たので、朝7時、開館とほぼ同時に潜入してきました。

 

100703_074444 

エントランス部分。
緑色の電話ってのも、あまり見かけなくなりましたが、これはレトロって意味ではないですね。
さっきから写真が右に傾いているのは、私の普段の姿勢が悪いからです、たぶん。

 

100703_074308

エントランスからも見えてましたが、船場ビルディングの一番の売りは、この中庭です。
ビル内のほとんどのテナントは、この中庭に面して位置しています。
雰囲気に魅せられて集まったアート系のテナントが多くありますが、電設や香料の
会社なんかも入っていて、決して芸術集合体といったわけでもありません。

 

100703_073934

植物はとてもよく手入れされています。
古い雑居ビルは、テナント側の自治意識に任せられて、かなり汚くなっているところも
多い中、ここは管理者側の意識が非常に高いんでしょうね。

 

100703_074200

晴れた日は、このベンチでお昼ごはんを食べたいけど、すぐ目の前には見ず知らずの会社が
あるわけで、外部利用者には座りづらい雰囲気。

 

100703_073920

中庭から地下にも入れます。
手すりが無骨でいいですねぇ。
地下のテナントは、建築家の紹介サービスを行なっている会社だそうです。

 

100703_073320

2階部分からの眺め。
中庭はガラス張りというわけではなく、当たり前のように梅雨らしい大粒の雨が降り注いでます。
濡れた葉っぱの色が綺麗。

 

100703_074224

ありがちありがち。
こういう写真、非常にありがち。
だって、どうぞ撮ってくださいって感じで、たくさん置いてあるんですものw

 

100703_074400

エントランスに戻って郵便受けを見る。
親切にビルの成り立ちが書いてあって、実にユーザー(?)フレンドリー。
ポストは名前が貼られていないところが3~4ヶ所ありますが、入居待ちの企業もたくさんあるらしいので、
きっと今は満室なのでしょう。
今回は土曜の早朝だったため、誰一人として見かけることはありませんでしたが、ここが賑やかになってる
風景も、また見てみたいかも。

船場ビルディング


大きな地図で見る
<<戻る 次へ>>

■  about

miyaho

Author:miyaho
戦前の建物 かっこいい建物
そしてビール 特に地ビール
たまにホットケーキ
歳のわりに なんか古い

Twitter @miyaho

■  new

■  archives

■  category

建物 (7)
ビール (2)
ホットケーキ (8)
その他 (1)
ダム (4)
乗り物 (2)

■  new comments

■  twitter

■  search

■  RSS

■  Links

このブログをリンクに追加する

■  QR Code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。